保険のビュッフェで保険の見直し相談をしました

本当に無料なのか不安でした

夫婦とも独身時代から利用している生命保険のままで、今のままで良いのかなという思いがありました。保険料が今の家計を圧迫しているわけでもなく、この先も支払えそうですが先々の事を考えてできるだけ節約したいなという考えもありました。そこで無料で相談ができるという保険のビュッフェを教えてもらいました。

本当に無料なのか、後で色んなオプションサービスを勧められるのではないか、という不安がありました。もしも気に入らなければすぐやめようという気持ちで、近くのコーヒー店で相談をする事になりました。挨拶後、本当に無料なのかということを尋ねると、しっかりした口調で「何回相談しても何時間でも料金は無料です。」と言って頂けました。計二回利用しましたが本当でした。

 

保険料を削ることができました

私達が入っている保険は更新型保険というもので、そのまま継続してくと保険料が高くなっていくものでした。加入した当時は、年齢が高くなるにつれて病気や怪我をしやすくなるし仕方がないと考えていましたが、保険の見直しをすることで保険料を安くする事ができるとアドバイスいただきました。

保険を変更したからといってサービスの質が落ちるわけではなく、保証もしっかりしていると感じたので直ぐに変更することに決めました。今はたくさんの種類の保険が販売されていますが、自分の情報力だけではそれに追いつかないので時々保険のビュッフェを利用したいと思っています。

保険のビュッフェで貯蓄の相談をしました

保険の相談は無料でした!

貯蓄をするためにはどうしようかと悩んでいたところで、保険のビュッフェを知りました。子供が生まれ、学資保険に入ることでついでに貯蓄できたらいいなと考えていました。

保険のビュッフェは、相談が無料と聞いていたので、ある程度の営業されるだろうなと覚悟して、フィナンシャルプランナーの方と相談しましたが、全く勧誘されるようなこともなく丁寧に学資保険について教えてくれました。ほとんど私には保険の知識がなかったのですが、それでもわかりやすく丁寧に説明してくれたので、色々な選択肢も提示してくれ、すごく助かりました。

 

将来設計も考えて保険を契約!

保険のビュッフェのフィナンシャルプランナーの方は、お金のプロとして保険だけでなく将来のことまで考えてアドバイスをしてくれました。特定の企業の保険商品だけでなく、いろいろな企業の保険商品を提示してくれたので、選択肢がたくさんあることがよくわかりました。

1度だけでなく、3度も同じフィナンシャルプランナーの方とお会いして色々と教えていただき、最終的には契約まで行っていただきました。フィナンシャルプランナーの方は、将来をどのように考えているかまで考えてアドバイスしてくれましたので、安心して任せることができました。

保険のビュッフェに相談して未来の人生の備えができました

保険のビュッフェを私が選んだ理由

独身時代のころ、階段から転がり落ち大けがをするということがありました。その時に初めて入院というものを体験したのですが、運悪く保険に入っていなかったので大変だったことがありました。

そこで初めて医療保険に入りたいと真剣に思うようになったのですが、何しろ全く保険について知識がないためどこに加入すればいいのか分からずじまいでした。そんな時に友人に保険のビュッフェのことを教えてもらいました。経験年数や相談実績等、独自の審査基準を設けているのでとても質の高いファイナンシャルプランナーだったので安心して何でも相談をすることができました。

 

未来の人生のために必要な保険が把握できる

当時独身ということもあり、今後の人生設計を考慮したうえでの保険加入の説明をしていただきました。今まで未来というものに対して漠然としかイメージをいだいていなかったのですが、ファイナンシャルプランナーさんから様々な話を聞くうちにどのような備えが必要なのかしっかり理解することができました。

今の自分に何が必要か、将来の自分のために何をしておくべきかを考え直すきっかけにもない保険のビュッフェを利用してよかったと思っています。強引な勧誘もなく、私の家計を踏まえたうえでの無理のない保険を紹介してくださりとても助かりました。

保険のビュッフェに聞く、生命保険の生命保険の契約者貸付のメリット

貯蓄性のある保険にある制度

生命保険の中で、契約年数を経過するごとに解約返戻金が貯まっていくタイプの終身保険などには、契約者貸付制度と呼ばれる、保険の契約者本人が、保険会社からお金を借り受けできる制度を利用できるものがあります。

この制度では、保険の解約時に支払われる解約返戻金が担保になっているため、各保険会社の規定により、解約返戻金の一定割合の金額しか借りることが出来ません。また、貸付金には、規定によって定められた複利がつき、返済せずにいると、一年経過するごとに返済しなければならない金額が増えていきます。

 

利用時は返済計画をしっかりと

契約者貸付には、一般的な融資を申請する場合とは違い、詳しい審査や高い金利などがないというメリットがあり、どうしてもお金を借りなければならない必要がある時の手段として使うことが出来ます。また、返済に期限がないため、収入があった時に支払うといったことも出来ます。

ですが、根本的には、借金であるため、返済をしないまま、被保険者が死亡した場合などは、返済額を差し引いた保険金が支払われたり、借金が解約返戻金の範囲を超えていても、返済されない場合、保険が失効となる可能性がある点で注意が必要です。保険のビュッフェでは、契約者貸付制度についても詳しく説明してもらえます。この制度について詳細を知りたい方は保険のビュッフェの保険相談を利用されてみてはいかがでしょうか。