保険のビュッフェに聞く、生命保険の生命保険の契約者貸付のメリット

貯蓄性のある保険にある制度

生命保険の中で、契約年数を経過するごとに解約返戻金が貯まっていくタイプの終身保険などには、契約者貸付制度と呼ばれる、保険の契約者本人が、保険会社からお金を借り受けできる制度を利用できるものがあります。

この制度では、保険の解約時に支払われる解約返戻金が担保になっているため、各保険会社の規定により、解約返戻金の一定割合の金額しか借りることが出来ません。また、貸付金には、規定によって定められた複利がつき、返済せずにいると、一年経過するごとに返済しなければならない金額が増えていきます。

 

利用時は返済計画をしっかりと

契約者貸付には、一般的な融資を申請する場合とは違い、詳しい審査や高い金利などがないというメリットがあり、どうしてもお金を借りなければならない必要がある時の手段として使うことが出来ます。また、返済に期限がないため、収入があった時に支払うといったことも出来ます。

ですが、根本的には、借金であるため、返済をしないまま、被保険者が死亡した場合などは、返済額を差し引いた保険金が支払われたり、借金が解約返戻金の範囲を超えていても、返済されない場合、保険が失効となる可能性がある点で注意が必要です。保険のビュッフェでは、契約者貸付制度についても詳しく説明してもらえます。この制度について詳細を知りたい方は保険のビュッフェの保険相談を利用されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です